ESG Solution

気候変動対策ソリューション

気候変動問題は現在の様々な環境問題の中でも最も喫緊の課題となっています。中でも化石燃料及び産業由来のCO2は全温室効果ガスの64%を占めており、産業界全体での迅速な取り組みが求められる状況となっております。気候変動問題への取組みは、現在サステナビリティの取組みの中でも最も対応を求められる課題です。

クラウディオは自社を構成するサプライチェーン温室効果ガスを「見える化」し、評価・開示するとともに再生エネルギーによる電力シフトや排出量取引など脱炭素の技術、仕組みを取り入れていくためのソリューションサービスを提供いたします。

温室効果ガス排出モニタリング

GHGプロトコルに準拠し、自社のサプライチェーンにおける温室効果ガス(GHG)を「見える化」します。
Scope1、Scope2、Scope3カテゴリ1~15の全ての範囲のGHG排出量を算定します。
計算に必要な活動量と排出原単位は、クラウディオが常に最新の調査により算定に必要な項目、計算式をアプリケーションに組み込んで提供するため、迷わず容易に算出が可能です。
また、経年比較レポートや削減に向けたシミュレーション機能も備えており、TCFD開示などの報告業務にも連携することができます。

TCFDソリューション

TCFD提言の開示事項に必要な「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」を対象に、気候変動シナリオ設定からリスク分析、情報開示までのサポート機能を提供します。
選択されたシナリオに基づき、体系化されたリスク項目をベースに、収集した社内外のデータにより分析項目の抽出およびリスク分析を行い、戦略立案とリスク管理策定をサポートします。
指標と目標で提示するGHG排出量は、GHGモニタリングから連携して開示データとすることができ、一連のプロセスを1つのサービスとして提供します。