ESG Solution

CSR調達ソリューション

強制労働や児童労働問題が発覚した場合、社外の調達先の違法行為であったとしても企業の信頼度が低下し、長年にわたり築き上げた信用やブランドを失墜させ、事業継続にも深刻な影響を及ぼします。企業の持続的な成長を確かなものにするためには、正しい調達が行えていることを評価・開示することが重要となります。

クラウディオはサプライヤ及び調達する部品や原材料の情報を改ざん不可能な状態で蓄積し、評価するサービスを提供いたします。

CSR調達分析評価

サプライヤからSAQ(セルフアセスメント)を収集し、QCDに加え労働・人権・環境・腐敗防止の観点でリスク分析を行い、評価および監査を実施して改善のサイクルを回します。
使用するSAQは、業界横断的な項目を共通事項として使用し、さらに自社独自の調査項目を設定可能です。
サプライヤからの回答はプラットフォームを通じて収集されるため、回答済のSAQ共通事項は、サプライヤと取引のある各社に最新回答が共有される仕組みとなり、各社からの依頼に何度も回答する必要はありません。
収集したSAQを分析・評価してレポート作成を行い、サプライヤから提供される関係書類(証明に必要な資料等)と一緒にプラットフォーム上で文書管理ができるため、評価および監査の実施に利用可能です。
また、環境評価として温室効果ガス排出量の数値をGHGモニタリングより連携することができます。

サプライヤスコアカード

サプライヤに関する情報を収集し、分析可能な形でスコアカードを作成いたします。
基幹システム、CSR調達分析、またGHGモニタリングなどからサプライヤ軸でデータを取り込み、QCD+CSRの軸で評価軸ごとにKPIに対してスコア化して分析することができます。
このスコアカードに対して、さらに社内外のリスク因子から将来発生しうる影響度合いを分析することもでき、調達におけるリスク対策をサポートいたします。

CSR調達コンサルティングサービス

正しい調達を実現するには、企業理念に基づくCSR調達方針および行動規範の策定を行った上で、評価を行う対象のサプライヤに対して実施目的とプロセスを十分説明することが必要となります。
クラウディオのコンサルティングサービスは、方針等の策定から、CSR調達分析評価の仕組みでアウトプットされるサプライヤスコアカード等のレポート類を使用して評価、監査、改善のサイクルを回し、第三者の認証を得て公表していくためのスキーム構築をサポートいたします。