ESG Solution

サーキュラーエコノミー ソリューション

気候変動問題と並んで、今後問題となるのが資源問題です。今後世界人口の増加に伴い、資源の枯渇が予測される中、廃棄を出さずに原材料などの再利用を行うなど、資源循環を図る取組みが求められています。
サーキュラーエコノミーとは、従来の3R(リデュース/リサイクル/リユース)の取組みに加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動であり、資源・製品の価値の最大化、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止等を目指すものです。

アクセンチュアが2015年にサーキュラーエコノミーのビジネスモデルにおける5つの特性を提唱しています。
①サーキュラー型のサプライチェーン(再生可能な原料を使用)
②回収とリサイクル(廃棄前提だったものを再利用)
③製品寿命の延長(修理・アップグレード・再販売)
④シェアリングプラットフォーム(所有しているものを貸して収入を得る)
⑤サービスとしての製品(顧客は所有せずに利用に応じて支払う)

サーキュラーエコノミー型のサプライチェーンを実現するにあたっては、製品ライフサイクルすべてをトレース管理し、使用状況の管理、回収と処分方法の管理、製品を使用し続けるための補修部品の長期間に亘る提供などの仕組みが求められます。
クラウディオはサプライチェーンにサーキュラーエコノミーを実現するための様々なソリューションを提供いたします。

販売商品情報管理

お客様に販売した商品の情報を管理します。部品・原材料の製造・購入から製造、販売、使用状況、保守、回収等製品のライフサイクルすべてにおける情報をクラウド上で管理し、関係者へ公開・共有するための情報基盤を提供いたします。

トレーサビリティ

サステナブルサプライチェーンプラットフォームでは、企業の枠組みを超えて商品・部品・原材料の仕入や製造に関する情報を蓄積し、改ざんできない状態で開示をする機能を提供いたします。