デジタル化が
サステナブルな未来を創る

Digital creates sustainable future

ESG経営の時代に求められる
新たなサプライチェーンマネジメントのあり方
サステナブルなサプライチェーンの構築

あらゆる分野でグローバル化が進んだ今日、企業は様々な変化にさらされています。 サステナビリティへの取組みもその大きな変化の一つです。
2015年12月のCOP21においてパリ協定が採択されてから、各国政府は次々とカーボンニュートラル宣言を表明しています。
SBTiやTCFDやRE100、CDPなど様々なイニシアティブが立上げられ、企業も積極的に参加することが求められるようになってきました。これらを受けて、グローバル企業は次々とイニシアティブへコミットし、カーボンニュートラル宣言を行っています。この流れは加速しており、日本企業においてもカーボンニュートラルを含めたサステナビリティへの取組みは避けては通れない流れになっています。

持続可能性を高めていくためには自社に閉じた取組みだけではなく、サプライチェーン全体で取り組んでいかなくてはなりません。そのため、サプライチェーンマネジメントにはこれまでのようにQCDや効率性の向上だけでなく、調達・生産・物流などそのすべての活動において地球環境への配慮の他、法令順守、公平・公正な取引など社会的責任に対する取組みを評価及び情報開示を行うことが求められています。

サステナビリティへの取組みを積極的に行うことが、これからの企業競争力の源泉になると私たちは考えています。